「ほっ」と。キャンペーン

クロモリフレーム

  お友達のアルさんのblogで久しぶりに毒のきつい記事が出て、
コメントが早速ついてます。
普段はコメントを書かない人も、書いている様で、注目されている
blogなんだね~と改めて思いました(笑)。
 世の中みんなが右向け右ではツマランですから、
アルさんみたいなblogも無いと駄目でしょ。

 でお題目になっているクロモリフレームですが、私も乗ってた事があります。
スコットを買って2年目にパーツを丸々デュラに変えたので、
元々ついていた105が丸々一台分余ってもったいないな~と思い
練習用にクロモリフレームを買いました。
 そのフレームはショップオリジナルの無名メーカ品で4万ほどの物でした。
スコットと違って、サイズをオーダした物だったので、完成してみると
異様なまでにしっくりしてました(笑)。
 走り慣れた道を走ってみると、…なんだ全然重さを感じないぞ?
案外スコットよりこっちの方が良いかな?なんて思ったりもしたものです。
重さを測るとスコットより1kgほど重かったのですが、
当時はメーカのカーボンフレームに対するノウハウがまだまだ未熟で、
スチールフレームに性能が及んで無かったのかもしれませんね。
なんせ10年前のスコットですから(多分ジャイアントかどっかの
OEM品だと思うけど)

 その後MTBを始めてチャリンコの数が増えてしまい、クロモリロードは
手放してしまいましたが、またいつか乗ってみたいなと思ってます。
今乗るならそうだな~ラバネロのSATだか言うスチールのフレームなんて
どうなんでしょね?私は今懐具合がとてもお寒い状況(笑)なので、
20万近くもするフレームを書くことが出来ないのですが、
誰か乗ってる人がいたらインプレを聞いてみたいものです。

 アルさんが色々とクロモリに対して酷評してますが、今時のアルミやカーボンと
比較したら開発の足を止めたクロモリなんてレーシングマシンの素材として
許容できないという考えは当然でしょう。
クロモリが遅いなんて力の無い奴がいう言葉だ。まずは体を鍛えろなんて
言う人もいますが、同じ人が乗れば間違いなく現代のカーボンや
アルミフレームの方が速く走れるんじゃないかな。スチールも大径薄肉の
スローピングで今風のフレームを作ってみると面白いんじゃないかな~と
私は思います。
 だって引っ張り強さやヤング率は圧倒的にスチールの方が上なので、
耐久性を考慮してもアルミ以上の薄肉化が可能と思うのです。
パイプメーカがそうした製品を作ってくれない事にはフレームメーカも
作り様がないですが、究極の重量勝負ではアルミに負けても、
普及価格帯ならどっこいどっこいで乗り味に勝るものが出来るのではないかと
個人的には思ってます。
 
[PR]

by charibaka | 2005-10-09 07:54 | ROAD | Comments(7)

Commented by アルカンシェル at 2005-10-09 17:37 x
あー、ちゃりばかさんも気分を害しちゃったみたいですね。ゴメンナサイ。。。Blogってほのぼのしたトークが多いから、アルみたいな明確な主張をすると批判がでちゃうのも当然かと思います。
現代風にアレンジされたクロモリが登場しても良いとアルも思います。クロモリだって新しい提案は必要です。新しい提案が無いっていうのは、言い換えれば怠慢だったりします。商売ベースで考えるとリスクの多いクロモリですが、やっぱり提案は大事かな?って思います。
アルもスチール+大径薄肉のスローピングで今風のフレーム。。。って考えは大賛成です。おもしろそーじゃないですか?だけど、肉厚が限界に達しているクロモリですので、これ以上は危険だとも思っています。だって一番薄いパイプで.04mmです。これ以上はやばくないですか?
Commented by charibaka at 2005-10-09 21:11
  こんばんは、アルさん。大丈夫ですよ~。
久しぶりの毒々しい記事で、
「おっ!久しぶりのアルさん節だ(笑)」
と逆に喜んでました(笑)最初の頃は結構こんな感じで
毎日更新されてましたよね♪
 気分を害したのは、アルさんと同じくコメントの方です。
なんだかな~と思いました。自分が個人攻撃されているかの様に、
過剰に反応して揚げ足取りのようなコメントや、誹謗中傷の様な
コメントを残すのはいかがなものかと…って私も人の事言えませんね。
すいません、アルさん。この間はお手間を取らせてしまって。
 
 現在流通しているスチールの一番薄いパイプは肉厚が0.4mm
なんですか?それは知らなかった!押すとペコペコなんですかね!?
でも問題なのはパイプ全体の曲げ剛性ですから、アルミと同じく
径寸法をあげたり、断面形状をいじる事で、更なる薄肉化も
可能かもしれませんよ。そうした場合寿命が縮んで、
今時の軽量アルミやカーボンと同じ様に取り扱いが神経質に
ならざるを得ないものになっちゃうんでしょうね(苦笑)
  
Commented by charibaka at 2005-10-09 21:19
  で、私が今最も優れているフレーム材質は何と思っているかと
いわれたら、そりゃあカーボンでしょ。だってこんだけ普及しているし、
ゆるるゆるな物からバリバリなプロ用フレームまで広く浸透してて、
もっとも開発が進んでる材質ですから。
ただ気をつけなくてはいけないのは、カーボンは所詮樹脂と炭素の
布で出来てますから、色々と取り扱いに注意が必要という事ですね。
Commented by アルカンシェル at 2005-10-09 23:10 x
あはははー、久々の毒舌でしたね。毒をあんまり吐かなくなったのも、あーいったくだらない中傷が多いからでした。だけど連休の中日でF-1中継を観戦しながら思いっきり反論してやりました_!だって悔しいじゃないですか。ただの誹謗・中傷に対しては整然と反論してらりたいですからね。それを読んでみてジャッジメントしtくれるのは、Blogに遊びにきてくれた人。大人気ない対応だとも思いますが、思いっきり反論してやりました。
Commented by アルカンシェル at 2005-10-09 23:20 x
クロモリのお話ですが、本当に薄いんです。まさにペコペコな薄さです。さすがにあれ以上はやばいと思います。破壊に対するマージンって考え方じゃなくって、単純に外から偶然にかかる応力に対してあまりに弱いと思います。壁にたてかけただけで凹むフレームはちょっとねぇー。。。カーボンだっておんなじです。破断に対して弱いのがカーボンの弱点です。そこをどのようにして克服しているのかユーザーに説明してるバイクがなくなりましたよね。ちょっと不満です。それとカーボンの質と、どのよーにしてカーボン層を巻いているのか・またパイプの厚みくらいは公表して欲しいですよね。ゴルフのクラブの説明はそれくらい書いてくれてるので、自転車も説明して当然だと思います。
Commented by charibaka at 2005-10-09 23:35
お~そりゃあ凄い薄さです。壁に立てかけるだけで凹むってのは
きっついな~。走る事のみ考えてて(もしかして考えてない?)、
路面状態の悪さによる外乱で簡単に破損したりするなら、
それは自転車として成立していないと言われちゃいますね。
 落車1回でフレームがご臨終なんて事になったら、恐ろしくて
一般の方々はレースで使えなくなっちゃうんだろな…
だから肉厚を落として軽量化してるフレームは安全率を削って
いるんじゃないかと私は思ってます。レース機材なんだから、
最高のものを求められているんだからという理由で、
その見返りに経年劣化は激しいですよ、落車なんてしたら
もう簡単に割れますからね、ってな恐ろしい事になっていない事を
祈りましょう。ナムナム
 
Commented by マルオ at 2008-09-21 19:23 x
 独禁法に引っかからないようにね。